刑事事件情報

刑事事件のニュース・ブログを紹介。 刑事事件での弁護士の活躍も紹介。

カテゴリ: 刑事事件のニュース

1  まず万引き容疑で逮捕

平成26年7月3日にある市議会議員が万引き容疑で山口県警山口南署に逮捕された。
逮捕されたのは山口市議会議員の澤田正之容疑者(60)。釣具店で釣りに使う浮き1点を万引きした容疑だという。澤田容疑者はあいまいな供述をしているようだ。
この澤田容疑者のブログがあるが、このブログを見ると釣りが趣味だったようだ。

澤田容疑者のブログ

趣味とはいえ、市議会議員が万引きとは・・・。
ところが澤田容疑者、これで終わりではなかった。

2 次に覚せい剤使用容疑で逮捕

澤田容疑者は、万引きで逮捕された次の日である7月4日、今度は覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。
この覚せい剤使用容疑については澤田容疑者は否認しているという。

3 なんと市議会議員に再選されたばかり

実は澤田容疑者は平成26年4月27日に投開票が行われた山口市議会議員選挙で当選したばかり。この選挙では1614票を得て当選している。

平成26年4月27日山口市議会議員選挙結果

澤田容疑者は、平成7年10月に合併前の小郡町議会議員選挙に初当選し、小郡町が山口市と合併するまで町議会議員を務める。合併後は一度落選するも、平成22年からは再度山口市議会議員に再選され、以降市議会議員を務めてきたという。
これまで5回も当選してきたようだが、ベテラン市議が万引きと覚せい剤使用容疑で逮捕されるとは信じがたい。

4 高齢者による覚せい剤使用事件の増加

警察庁刑事局組織犯罪対策部薬物銃器対策課がまとめた

平成25年の薬物・銃器情勢

によると、高齢者の覚せい剤検挙者が確実に増えていることが分かる。

検挙者における割合
年齢層 平成9年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年
50才以上 8.1% 14.0% 14.8% 16.0% 18.0% 20.2%
40~49才 14.4% 26.4% 27.4% 29.3% 30.5% 31.4%
30~39才 27.2% 37.0% 36.1% 34.7% 33.5% 33.2%
20~29才 42.3% 20.4% 19.8% 18.5% 16.7% 14.0%
20才未満 8.1% 2.2% 1.9% 1.5% 1.3% 1.1%


このように、平成9年から見ると20才未満が約8分の1に激減しているにもかかわらず、50才以上は約2.5倍の増加となっている。人口比から見ても若年者の減少と高齢者の増加が顕著だ。
覚せい剤は一度使うとなかなか完全に抜けるのが難しいという。現在では新規の覚せい剤使用者が減っている一方、一度使ったことのある高齢者がやめられずに何度も使用し検挙されている実情がある。
澤田容疑者が過去に逮捕歴があるのかどうかは明らかではないが、複数回使用し続けていたとすれば有権者を欺き続けてきたことになる。選挙の前にも使用していたのだろうか。

th

1 栃木小1女児殺害事件の犯人は在日だった

6月3日に吉田有希ちゃん殺害容疑で逮捕された勝又拓哉容疑者。
実は在日だったことがわかった。

2 勝又容疑者の人生


  • 小学生のころ、今市市立大沢小学校(現日光市立)に転入(殺害された吉田有希ちゃんと同じ小学校を出ていた)
  • しかし結局一度台湾に戻る
  • 中学生になってから再度来日
  • 平成17年、吉田有希ちゃんを殺害
  • 平成21年に日本国籍を取得
  • 平成26年6月逮捕

3 殺人を犯しながら日本国籍取得

要するに、勝又容疑者は殺人事件を起こしてから日本国籍を取得したというわけだ。
入国管理局もそこまでは分らないだろうから仕方ないが、今からでも国籍をはく奪できないものだろうか。
勝又容疑者はそもそも偽ブランド販売で逮捕されている。
偽ブランド販売といえば中国人のお得意の犯罪だ。

4 しかもコミュ障

勝又容疑者は人付き合いも苦手だったようだ。
話しかけられてもあまりうまく返事ができず、まともな職にもつけなかったようだ。
鹿沼市の勝又容疑者の近くの住民によると、普段着姿でコンビニに弁当を買いに行く姿がよく見られたという。
元在日でコミュ障。犯罪へ向かうしかなかったのだろうか。


大きな地図で見る (吉田有希ちゃん連れ去り現場の現在)

1 栃木・今市小1殺人事件で32歳の男を逮捕

栃木県・茨城県両県警合同捜査本部は平成26年6月3日、

栃木県鹿沼市西沢町、無職勝又拓哉容疑者
栃木県鹿沼市西沢町、無職勝又拓哉容疑者
鹿沼市西沢町に住む無職勝又拓哉容疑者(32)を殺人容疑で逮捕した。
事件は、栃木県今市市で平成17年12月1日、当時小学一年だった吉田有希ちゃん(7)が何者かに連れ去られ、のちに遺体で見つかったというもの。
勝又容疑者は別件での商標法違反事件で逮捕・起訴され公判中だったが、容疑が深まったとして再逮捕された。男は大筋で容疑を認めているという。

2 有希ちゃん殺害事件とは

この事件は今から9年前の平成17年12月に起きた。
さまざまなサイトで事件が紹介されているので、詳細はそちらを見ていただければと思う。

栃木小1女児殺害事件(ウィキペディア)
今市・小1女児殺害事件

 栃木県警などによると、勝又容疑者は今年1月29日、偽ブランド品を所持していたとして、商標法違反の疑いで母親(55)とともに逮捕された。同法違反で起訴され、公判中。勝又容疑者は、今年2月頃から有希ちゃん殺害をほのめかす供述を始めていたものの、あいまいな点も多いことから警察は慎重に裏付け捜査を行っていた。ここにきて容疑が固まったとして逮捕に踏み切ったようだ。

3 勝又容疑者とは?

勝又容疑者については今のところ鹿沼市に住んでいるということぐらいしか分かっていない。
ただ、母親も同じく商標法違反で逮捕されていることから、あまりよい生活はしていなかったようだ。母親である勝又イミコ容疑者(55)は平成26年1月29日に偽ルイ・ヴィトンを販売目的で所持していたとして逮捕されている。親子の自宅敷地内に置かれていた車からは偽ブランドバッグなど約100点が押収されている。

4 北関東連続幼女誘拐事件との関係は?

実は、北関東では1979年以降、女児が連れ去られ殺害される事件が何件も発生している。

北関東連続女児誘拐事件
今回逮捕された勝又容疑者だが、これらの事件とはあまり関係がないかもしれない。
というのも、勝又容疑者は32歳であり、えん罪が問題となった足利事件(1990年発生)当時でも8歳だからである。また、足利事件やその後発生した太田市のパチンコ店で発生した事件でも、目撃証言や防犯カメラ映像などからも真犯人と勝又容疑者では年齢が違いすぎるからである。
今後勝又容疑者の実像が明らかになっていくだろう。

3Dprinter

1 3Dプリンターでの銃器製造で初の逮捕

神奈川県警薬物銃器対策課では、銃刀法違反容疑で湘南工科大学職員を逮捕した。
この逮捕容疑がちょっと変わっている。最近実用的な価格に下がってきた3Dプリンターで銃器を製造したというものだ。
3Dプリンターで作られたということで、この銃器は樹脂製だった。しかし樹脂製ということとはうらはらに、実際の鑑定の結果、この銃器は殺傷能力があったことが判明したため逮捕に至った。

2 捜査のきっかけはYouTube

今回の逮捕に至ったきっかけは、居村容疑者が動画投稿サイト「YouTube」に拳銃らしきもので射撃をしている様子をアップロードしたことのようだ。
だれかが警察に通報したのだろうか。

3 3Dプリンターとは

そもそも3Dプリンターとは何だろうか。
プリンターといえば、一般的には紙に文字や写真を印刷する平面的なプリンターを想像するだろう。これに対し3Dプリンターとは、樹脂などで立体の構造物を製造できるプリンターをいう。CADデータなどを変換してプリンターに取り込み、立体物を造形する。
以前はかなり高価格のものだったが、技術革新により近時では10万円を切る価格のものも登場している。一般の人にも十分手の届く価格になってきているのだ。

4 3Dプリンターの表と裏

もちろん、3Dプリンターには社会にとってメリットもデメリットもある。
メリットは、試作物を簡単に作れたり、手術の練習として臓器モデルを造形できることだ。以前はかなり費用をかけて金型を製作する必要があったが、それがより低コストで短期間で制作することが可能になった。
デメリットとしては、何でも作れてしまうことだ。
実はインターネットには銃器の作成データなどがあふれている。こういったデータを取り込めば、だれでも簡単に銃器を模したものが作れてしまうのだ。アメリカなどでは、こういったデータを元に実際に銃器が作られている。
日本でも犯罪組織などによる製造が以前から懸念されていた。
もちろん日本でこういった銃器を作れば犯罪となり、今回のように警察の摘発対象になるので注意が必要だ。

1 柏市通り魔事件

この事件は、平成26年3月3日の深夜に千葉県柏市のあけぼの4丁目11先で起きたもの。ようやく容疑者が逮捕された。逮捕された男の氏名は竹井聖寿容疑者(24)。

場所はこの辺り。


大きな地図で見る

2 竹井容疑者逮捕のきっかけは竹井容疑者自身?

竹井容疑者は、実は犯行後に現場で取材をしていた報道陣に自分が犯行を見たと答えていたようだ。しかもその自らの証言に不審な点があったことから逮捕に結びついたらしい。

一回目は「犯行は見ていない、寝ていた」と証言した。

にもかかわらず、約一時間後の二回目の取材には「犯行を見た、スマホで映像も撮っていた」などと答えていた。この不審な証言に疑いを持った報道陣が警察に情報提供したようだ。

3 被害者と竹井容疑者は同じマンションに住んでいた?

この事件で亡くなった被害者と竹井容疑者は同じマンションに住んでいたようだ。マンションの場所はこちら。


大きな地図で見る

それにしても同じマンションに住んでいた被害者に切りつけたとなると何か怨恨が動機だったのだろうか。ただこの男は他にも3人の被害者に対し、切りつけたり金を奪ったりしていることから、無差別な通り魔事件という可能性もある。

4 どのくらいの刑になるのか?

では竹井容疑者にはどんな刑罰が下されるのだろうか?これまでの通り魔事件を見てみると死刑とまではいかないかもしれない。

池袋通り魔殺人事件 1999年 2人死亡・6人負傷 死刑
下関通り魔殺人事件 1999年 5人死亡・10人負傷 死刑
附属池田小殺人事件 2001年 8人死亡・15人負傷 死刑
名古屋市連続通り魔殺人事件 2003年 1人死亡・1人負傷 無期懲役
土浦連続殺傷事件 2008年 2人死亡・7人負傷 死刑
秋葉原通り魔殺人事件 2008年 7人死亡・10人負傷 死刑
マツダ本社工場連続殺人事件 2010年 1人死亡・11人負傷 無期懲役

つまり、死亡した被害者が1人の場合は死刑になった例はあまりないのだ。今回も死亡したのは1人なので死刑とまではいかないかもしれない。しかも竹井容疑者は警察官に同行されていくときも「○○万歳!」などと意味不明なことを口走っていた。何か意味があったのだろうか。もしこの男が犯行時心神耗弱であったなどと裁判で認められたら減刑されることになってしまう。

いずれにせよ、1人の命が奪われた重大な犯行だ。通り魔は、その社会に与える不安の重大さから、通常の刑法ではなく特別な法律を必要とするのではないだろうか。近年通り魔事件が続発していることから、国会でも検討すべきなのではなだろうか。

このページのトップヘ