1 イオン釧路昭和店で通り魔事件

平成28年6月21日、イオン釧路昭和店で通り魔事件が発生した。

イオン釧路昭和店の場所はこちら。

https://goo.gl/maps/nQkKkjR4RKT2

平成28年3月に開通した釧路外環状道路にほど近い場所だ。

2 加害者は30代の男、被害者は女性4人か

報道によると、加害者は30代の男だという。刃物で切りかかったらしい。この男は釧路警察署に殺人未遂容疑で逮捕された。

一方この男に切り付けられたのは女性4人。うち、70代の女性が亡くなった。残る60代女性が重傷、40代の女性2人がケガを負った。

3 加害者の刑罰は?

加害者の身元はいまだ分かっていない。

ただ、4人に刃物で切り付け、うち1人の方が亡くなっているのだから、刑罰についてはかなり厳しいものも予想される。

これまでの通り魔事件などの判決から予想してみよう。

一般的に、殺人事件で加害者が死刑になるかどうかは、永山基準に照らし合わせて判断される。永山基準とは以下の基準だ。

  1. 犯罪の性質
  2. 犯行の動機
  3. 犯行態様、特に殺害方法の執拗性、残虐性
  4. 結果の重大性、特に殺害された被害者の数
  5. 遺族の被害感情
  6. 社会的影響
  7. 犯人の年齢
  8. 前科
  9. 犯行後の情状

今回、上記の基準の「4」が問題となるわけだが、被害者は1人である。

しかしほかに3人の方が切りつけられている。さらには何ら落ち度のない被害者を、日中のショッピングモールにて切りつけるという通り魔事件である。「3」の犯行態様などは極めて悪質であるといえる。

今回はいわば「テロ」ともいってよい事件であり、被害者が一人でも死刑になる可能性は十分あると言わざるを得ない。

4 男の身元・精神状況など

しかし一つだけ問題なのは、男が一体何者なのかまだ明らかになっていないことだ。

もし精神状態などから、男が「心神喪失」などと判断されてしまうと罪を問えないことになってしまう。今後事件が明らかになっていくであろうから注目していきたい。