1 痛みのない注射に関する詐欺

埼玉県警は平成26年1月20日、詐欺容疑で川口修吾容疑者を逮捕した。
容疑は詐欺。川口容疑者らは最近話題になっている「痛くない注射針」に関して投資話しを高齢者らに持ちかけ、未公開株を購入させたとして逮捕されました。ニュース動画は下記リンクから。

ニュース動画

2 「痛くない注射針」とは?

痛くない注射針とは、アメリカのスリーエムや日本の日東電工などの医療機器メーカーが開発を進めているもの。非常に細い針を皮膚に貼る方式などによって痛みがほとんどないという。多数回にわたって注射をする必要がある患者では、注射を多数回することによって皮膚が硬くなるなどの副作用があり、また注射そのものの痛みにも耐えなければならない。また子どもなども注射が苦手な子どもは多い。

こういった「注射嫌い」の患者からすると、痛みのない注射針は夢の注射針である。今後の市場拡大も望めることから企業も開発を競ってきた。ある統計によると、2017年の注射針の市場は4兆3000億円にも上るという。

3 今回の詐欺は?

こういった有望な話しには詐欺話しもつきまとう。
今回逮捕された川口容疑者らは、2010年ごろに60代の高齢男性にこういった「痛みのない注射針」を開発したと称する未公開会社の株を売りつけていたという。被害額は全国で10億円にも上るとされ、多くの被害者が巻き込まれた可能性もある。

4 こういった詐欺に巻き込まれないためには

原則的に、未公開株を証券会社が電話でセールスすることはない。
例外的にグリーンシートというものに登録されたものだけについて勧誘が認められている。
グリーンシート銘柄は下記の日本証券業協会のホームページから確認できる。

グリーンシート銘柄

これ以外の未公開株の勧誘は禁止されているのだ。
そもそも未公開株というものはそれ自体がうさんくささをただよわせている。
大金をだまし取られる前にぜひ確認してほしい。