靴下

1 母親逮捕
12日、さいたま市西区三橋6丁目で1歳8カ月の長女をエアコンをつけず自宅に放置して死なせた疑いで女が逮捕された。
逮捕されたのは母親でアルバイト店員の石塚香織容疑者(22)で、容疑は保護責任者遺棄致死。

現場はこのあたり

大きな地図で見る

2 事件の詳細
石塚容疑者は、今年8月10日午前11時ごろから翌日の8月11日午前5時ごろまで、さいたま市の自宅アパートで、エアコンをかけないまま1歳の長女を放置した。
その後石塚容疑者が深夜営業の飲食店アルバイトを終えて帰宅したとき、長女はすでに死亡していた。
死因は熱中症による脱水症状と見られている。
放置した時間は実に18時間にも及ぶ。

3 半年にも渡るネグレクト?
119番通報した石塚容疑者だが、当初は「一緒に寝たが、朝に息をしていなかった」などと虚偽の説明をしていた。
ところがその後の調べで容疑を認め、日常的に置き去りにしていたことを認める。
埼玉県警捜査1課と大宮西署では、事件の約半年前からネグレクト(育児放棄)が続いていたとみて、裏付けを進めているということだ。
実はネット上では、母親のものとみられるブログが見つかっている。
ブログはこちら。(※9月19日頃削除された模様、9月20日追記)
事件に至る母の裸の心情がここから明らかになるかもしれない。

4 無残としか言いようのない死
気象庁によると、事件当日のさいたまの最高気温は37.6度を記録している。
気象庁の統計データはこちら
当日のさいたま市は朝から30度を超え、放置した午前11時過ぎにはすでに35度を超えていた。
その後気温は上昇し、14時には37.6度、その後も17時ころまで37度以上が続いている。
エアコンのないアパートの室内では、40度を超えていた可能性もあるだろう。
猛烈な暑さが長女を襲っていた。
生まれて1年とそこいらの赤ん坊が、18時間もの間放置され、40度近い環境の中にさらされる。
耐えられようはずもない。
その死は耐えがたい孤独に満ち、あまりに無残としか言いようのないものだった。

5 自治体の対応は?
実はこの事件、以前からその萌芽があった。
7月5日、さいたま市西区の保健センターに、母親の石塚香織容疑者に関し「ネグレクトが心配される」との情報提供があったというのだ。
保険センターから連絡を受けた児童相談所が7月10日に自宅を訪れ母子と面会している。
その際、児童相談所の所員は部屋の状態や長女の成長、身なりなどを確認したが「問題はなし」と判断した。
健康診断や予防接種も受けており、ネグレクトの確証は得られなかったという。

保健センターも7月16日に面会を予定していたが連絡は取れなかった。
また、児童相談所は定期的に訪問することを決めたが、訪れた8月1日と6日は不在で会えず、直後に事件は起きてしまった。
センターや児童相談所にもできることには限界があるだろうし、批判するわけではない。
しかし、このときにもっと踏み込んだ対応が行われていればという思いが募る。

容疑者の自宅周辺は、のどかで落ち着いた環境で近くには学校や保育園もある。
自宅前道路は17号バイパスの抜け道になっているため多少車の通行量が多いが、その道を子供たちは毎日通学に使う。
一家にとって、子育てには決して悪くない、むしろ適した環境だったといっていい。
長女にとっては、これから始まる希望の場所となるはずだった。

母を待つしかなかった長女の無念・・・察するに余りある。