刑事事件情報

刑事事件のニュース・ブログを紹介。 刑事事件での弁護士の活躍も紹介。

靴下

1 母親逮捕
12日、さいたま市西区三橋6丁目で1歳8カ月の長女をエアコンをつけず自宅に放置して死なせた疑いで女が逮捕された。
逮捕されたのは母親でアルバイト店員の石塚香織容疑者(22)で、容疑は保護責任者遺棄致死。

現場はこのあたり

大きな地図で見る

2 事件の詳細
石塚容疑者は、今年8月10日午前11時ごろから翌日の8月11日午前5時ごろまで、さいたま市の自宅アパートで、エアコンをかけないまま1歳の長女を放置した。
その後石塚容疑者が深夜営業の飲食店アルバイトを終えて帰宅したとき、長女はすでに死亡していた。
死因は熱中症による脱水症状と見られている。
放置した時間は実に18時間にも及ぶ。

3 半年にも渡るネグレクト?
119番通報した石塚容疑者だが、当初は「一緒に寝たが、朝に息をしていなかった」などと虚偽の説明をしていた。
ところがその後の調べで容疑を認め、日常的に置き去りにしていたことを認める。
埼玉県警捜査1課と大宮西署では、事件の約半年前からネグレクト(育児放棄)が続いていたとみて、裏付けを進めているということだ。
実はネット上では、母親のものとみられるブログが見つかっている。
ブログはこちら。(※9月19日頃削除された模様、9月20日追記)
事件に至る母の裸の心情がここから明らかになるかもしれない。

4 無残としか言いようのない死
気象庁によると、事件当日のさいたまの最高気温は37.6度を記録している。
気象庁の統計データはこちら
当日のさいたま市は朝から30度を超え、放置した午前11時過ぎにはすでに35度を超えていた。
その後気温は上昇し、14時には37.6度、その後も17時ころまで37度以上が続いている。
エアコンのないアパートの室内では、40度を超えていた可能性もあるだろう。
猛烈な暑さが長女を襲っていた。
生まれて1年とそこいらの赤ん坊が、18時間もの間放置され、40度近い環境の中にさらされる。
耐えられようはずもない。
その死は耐えがたい孤独に満ち、あまりに無残としか言いようのないものだった。

5 自治体の対応は?
実はこの事件、以前からその萌芽があった。
7月5日、さいたま市西区の保健センターに、母親の石塚香織容疑者に関し「ネグレクトが心配される」との情報提供があったというのだ。
保険センターから連絡を受けた児童相談所が7月10日に自宅を訪れ母子と面会している。
その際、児童相談所の所員は部屋の状態や長女の成長、身なりなどを確認したが「問題はなし」と判断した。
健康診断や予防接種も受けており、ネグレクトの確証は得られなかったという。

保健センターも7月16日に面会を予定していたが連絡は取れなかった。
また、児童相談所は定期的に訪問することを決めたが、訪れた8月1日と6日は不在で会えず、直後に事件は起きてしまった。
センターや児童相談所にもできることには限界があるだろうし、批判するわけではない。
しかし、このときにもっと踏み込んだ対応が行われていればという思いが募る。

容疑者の自宅周辺は、のどかで落ち着いた環境で近くには学校や保育園もある。
自宅前道路は17号バイパスの抜け道になっているため多少車の通行量が多いが、その道を子供たちは毎日通学に使う。
一家にとって、子育てには決して悪くない、むしろ適した環境だったといっていい。
長女にとっては、これから始まる希望の場所となるはずだった。

母を待つしかなかった長女の無念・・・察するに余りある。

縄

1 12日法務省発表

本日東京拘置所にて死刑が執行された。
執行されたのは、2004年に横浜中華街の料理店経営者を射殺するなどした熊谷徳久死刑囚(73)。

ニュース映像はこちら

2 事件の概要

2004年4月、熊谷はそれまで窃盗罪で服役していた刑務所を出所する。
服役中から強盗の計画を抱き続けていた熊谷は、出所するや次々と犯罪を重ねる。

  1. 2004年5月6日、東京駅地下三階を放火し、現住建造物等放火未遂
  2. 2004年5月27日、強盗目的で横浜の警備会社事務所に侵入し従業員に拳銃を突きつけるも、現金を発見できず未遂に終わったという建造物侵入、強盗未遂
  3. 2004年5月29日、横浜中華街の料理店経営者宅にて同経営者を拳銃で射殺し、現金43万円余りを強取したという強盗殺人
  4. 2004年6月23日、東京メトロ渋谷駅構内で駅員を拳銃で撃ち、右足まひなど生涯に渡る後遺障害を残す重傷を負わせ、持っていた洗面用具などの入った紙袋を奪って逃走したという強盗殺人未遂

熊谷は出所後、1ヶ月程度でこれだけの犯行を重ねた。
出所後立て続けに犯行に及んでおり、その金に対する執着と人の命を奪うことすら厭わない危険な考えは常軌を逸している。
特に中華街の経営者殺害の際には、被害者の右の頬に拳銃を押し当て頭部をを打ち抜き、渋谷の駅員に対しては、至近距離から腹部に拳銃を発射するなど、きわめて冷酷で残忍な犯行態様だったと伝えられる。

また、実は熊谷は、これら一連の事件以外にも過去に多くの犯罪を犯してきた。
昭和54年に強盗致傷、銃砲刀剣類所持等取締法違反により懲役5年、平成8年には強盗致傷により懲役6年に処せられた各前科があるなど、根深い犯罪傾向があったといえるだろう。

3 裁判の流れ

  1. 2005年一審、東京地裁にて無期懲役判決。
  2. 2007年控訴審、東京高裁にて一審破棄、死刑判決
  3. 2011年上告審、最高裁にて上告棄却、死刑確定(最高裁判決はこちら※pdf注意)

執行の直前、死刑囚の心には何があったのだろう。

実は熊谷は手記を残している。
奈落―ピストル強盗殺人犯の手記、という本だ。
死刑囚の心情を知る手がかりになるかもしれない。
犯した罪への反省と、被害者への謝罪が心にあったと信じたい。

本日の執行を受け、未執行の確定死刑囚は132人となった。

糸

先日お伝えした、東横イン金沢兼六園香林坊、女性殺害事件の続報。

1 概要
この事件は、金沢の東横インで女性の死体が発見されたというもの。
女性二人が一緒にチェックインしたあと、一人が遺体となって発見された。
亡くなったのは同市に住む無職の女性(33)。

2 10日、容疑者逮捕
事件当時、同じ部屋にいたとして任意で事情を聴取されていた女が逮捕された。
逮捕されたのは千葉県白井市に住む無職、寺神戸鈴子容疑者(43)。

3 殺害方法
死因は絞殺。
警察では、布をねじるなどして、ひも状にしたもので絞殺した疑いがあるとみている。

4 同性愛、恋愛関係のもつれ?
2人はインターネットのサイトを通じて、数カ月前に知り合ったとみられる。
寺神戸容疑者は警察の調べに対し、二人が交際していたことを認めているということだ。
被害者の33歳女性を知る人によると、きちんとあいさつができる子で、おとなしい子だったという。
また、おばあちゃん子で、いつも、おばあちゃんと一緒にいらして、おとなしい感じの子だったということだ。

同性愛については、昨今諸外国で結婚が認められるなど、社会的に認知が進み一定の理解がなされていることが見て取れる。
事実、アメリカではいくつかの州で同性愛婚が合法化されているようだ。
しかし、日本において理解されているとは到底いいがたく、依然としてその道は険しいのが現状だろう。

この二人も、人目を避けるように交際していたのではないだろうか。
千葉に住む容疑者が、交際相手の住む金沢まで出向き逢瀬を交わす。
その中で、どのような愛憎劇があったのだろう。
社会的にはなかなか許される関係ではない。
もつれた糸は解けることなく、最悪の結果となってしまった。

警察の調べに対し、寺神戸容疑者は「一緒に部屋にいた事実は間違いない。わたしはやっていません」などと、今も容疑を否認しているのだという。
寺神戸容疑者の心中には、何が去来しているのだろうか。

5 新たな情報(9月12日追記)
新たな情報が明らかになった。
二人は少なくとも、1年前から知り合っていたようだ。
金沢中署が寺神戸容疑者の携帯電話を押収し、通信履歴を調査したところ、二人が約1年前からメールで連絡を取り合っていたことが分かった。
また、メールには二人が交際していることを示す文言があり、事件の前、二人が何度か会っていたことも判明した。

別れ話が二人に持ち上がっていたということだろうか。
被害者側が別れ話を切り出し、それに激昂した寺神戸容疑者が被害者に手をかけた・・・
あくまでも推測だが、このような構図が浮かび上がる。

寺神戸容疑者は依然として容疑を否認していると伝えられる。
真実が明らかになる日が来るのだろうか。

fire


1 タイヤ放火の疑いで男を逮捕

平成25年9月10日、器物損壊の疑いで48歳の男が逮捕された。
容疑は器物損壊。
この男、どうやら駐車してある車のタイヤに放火を繰り返していたようだ。
逮捕されたのは岡崎市に住む近藤洋之容疑者(48)。

2 放火を繰り返した理由とは?

なぜこんなことをしたのだろうか?
近藤容疑者が語ったところによると、「職が見つからなくてイライラしていたから」。職が見つからなくてイライラすることは理解できるが、放火に及ぶとはやはりきちんと処罰が必要だ。近藤容疑者はここ5年ほどアルバイトを転々とし、最近は無職だったという。

3 余罪の追求も

近藤容疑者は、同種の放火を数十件自白しているらしい。
しかもその範囲は岡崎市から半田市までと、結構な距離になる。
近藤容疑者は自転車で移動しながら放火を繰り返していた。
岡崎市から半田市までは往復で約40キロ。
こんな長距離を放火のために自転車で走っていたことになる。

4 放火事件の検挙率は高い

実は放火事件はかなり検挙率が高い。警察庁の統計によると、平成23年度に全国で見つかった放火事件は1087件。うち880件が検挙され、検挙率は約81%となっている。

警察庁の統計

警察も放火事件は重大事件と扱っているようで、重点的に捜査が行われるのかもしれない。

5 放火事件の刑など

今回の容疑者は器物損壊で検挙されているが、周囲では民家の外壁などが燃えた事件も起きている。こうした事件も近藤容疑者の犯行だとすると、かなり刑は重くなる。
現住建造物等放火罪の法定刑は殺人と同じ重さなのだ。死刑・無期懲役または5年以上の有期懲役とされているのだ。
もし放火罪で有罪判決を受けることになったら、この男が再び自転車で自由に走り出せるまでにはかなりの時間がかかりそうだ。

2013年5月29日、東北公益文科大学2年の男子学生(19)が自宅アパートで殺されているのが見つかった事件の続報。

当ブログの過去記事はこちらこちら

1 山形地検9月9日発表

山形地検は、男子学生を殺害したとして殺人容疑で逮捕、送検された同大2年の男子学生(20)について、刑事責任能力の有無を調べる精神鑑定を実施するため、酒田簡裁に鑑定留置を請求し、認められたと発表した。

2 鑑定留置とは

鑑定留置とは、容疑者の精神状態が正常かどうか調べるためにしばらく留置するという制度のことだ。
鑑定留置には、起訴後に裁判所が決定する正式鑑定と、起訴前に行われる起訴前鑑定がある。

今回は起訴はまだされていないので、起訴前鑑定であると思われる。
留置が認められると、容疑者の勾留はいったん停止され、病院などに身柄を移し、鑑定医が事件当時の精神状態などを調べることになる。
鑑定をつとめるのは通常は精神科医だ。
今回の留置期間は明らかにされていないようだが、通常、起訴前鑑定の期間は数ヶ月に及ぶ。

3 容疑者の供述

容疑者の学生はねたみがあったなどと話しているものの、具体的な動機については強い思い込みに基づく供述をしているという。

この、強い思い込みに基づく供述というのがいまいち分かりづらいが、要は鑑定留置を行わなければならないと判断されるほど、容疑者の精神状態に問題があるということなのだろう。

いずれにしても、容疑者の起訴は鑑定留置が終わるまでの数ヶ月間、先送りにされることになった。
今後の経過を見守りたい。

糸

1 9日午前10時40分ごろ

金沢市香林坊のビジネスホテル「東横イン金沢兼六園香林坊」で、女性が死亡しているのが見つかった。
女性の遺体を発見したのは男性従業員で、ホテル8階客室のベッドで女性があおむけに倒れていたという。

東横イン金沢兼六園香林坊はこちら

大きな地図で見る2 殺人か?

警察の調べによると、死亡していたのは金沢市昌永町に住む無職の女性(33)で、首には絞められたような痕が見つかっているという。
警察では
他殺の可能性が高いとみて捜査を進めており、女性と一緒にチェックインした女が何らかの事情を知っているとみて、任意で事情を聴いている模様だ。

現在、これ以上の詳しい状況は明らかになっていない。
死亡していた女性は同じ金沢市に住んでいるということで、旅行中というわけではなさそうだ。
女性二人での宿泊というのも気になるところだ。

何か訳ありの事情でもあったのだろうか。

3 同宿していた女を逮捕(9月11日追記)

平成25年9月10日、石川県警は死亡していた女性と一緒にチェックインした女を逮捕した。逮捕されたのは千葉県白井市に住む寺神戸鈴子容疑者(43)。
今のところ否認しているという。
一体亡くなった女性と逮捕された寺神戸容疑者との間に何があったのだろうか。これからも目が離せない。


犬


1 犬を放置して虐待した容疑で逮捕

栃木県上三川町で男が逮捕された。容疑は動物愛護法違反。
あまり聞きなれない法律だが、動物愛護法は動物の適正な扱いなどを定めた法律。もちろん罰則もある。
今回栃木県警下野警察署に逮捕されたのは上三川町上三川の鯨豊明容疑者(59)。「世話が面倒だった」などと話しているという。

2 鯨容疑者がやったこと

  • 10年ころ前から犬を飼い始める
  • 数年後には世話を放棄
  • あまりの異臭に周囲から苦情が出始める
  • 周囲の住民から相談を受けた栃木県が鯨容疑者に指導
  • しかし鯨容疑者の態度は変わらず
  • 今年6月に県動物愛護センターが犬10匹を保護
  • 犬が閉じ込められていた檻の中から数匹の犬の死骸が発見される
  • 今年8月県動物愛護センターが警察に鯨容疑者を告発
  • 平成25年9月8日、鯨容疑者が下野署に逮捕される

実は鯨容疑者は10年ころ前から犬を飼い始めたという。しかし数年前からあまり世話をしなくなっていったようだ。狭い折の中に8匹もの犬が押し込められていた。しかもふんを取り除くことなく檻の中にたまり放題。避妊もしないため、勝手に子犬が産まれては死んでいったようだ。これはひどい。

3 最近改正された動物愛護法

実は、今回適用された動物愛護法、最近改正されている。もともとこの法律は動物の適正な扱いを定めたものだが、今回の改正では飼い主が一旦動物を飼ったら動物が死ぬまできちんと面倒を見ることなどが定められた。動物を飼ったはいいが途中で世話が面倒になり放置される動物が多いことから定められたもの。

4 今回の改正の実効性は?

しかし今回の鯨容疑者の逮捕からみても、これからも飼ったはいいが世話が面倒で放置する飼い主は消えてなくなることはないだろう。ただし、実は保健所に持ち込まれる犬の数は近年激減している。それなりに対策の効果は出ているようだ。動物はもちろん生き物。飼う前に世話ができるか十分考えることが必要だろう。

family


1 父親が長男を殴って殺した傷害致死容疑で逮捕される

平成25年9月6日、東京都江東区で父親が逮捕された。
5歳の長男を殴って殺した傷害致死の疑いだ。
父親の名前は大平洋一容疑者(45)。

おそらく現場住所は江東区大島9丁目にある都営アパート。

地図ではこの辺り。


大きな地図で見る

2 服を着れなかったからといって殴り殺す

逮捕された大平容疑者が話したところによると、殺された大平龍桜(りゅうおう)ちゃんがうまく服を着れなかったことに大平容疑者が激昂。殴る蹴るの凄惨な暴行が行われた。
この暴行によりしばらくは生きていた龍桜ちゃんだが、午後になって容態が急変。大平容疑者が病院に運び込んだが、同日午後に亡くなったという。龍桜ちゃんの体には全身にアザがあったという。日常的な虐待も疑われるところだ。

3 子どもの虐待事件の統計

虐待で命を落とす子供の数は、平成23年度では年間で約60人。
うち、母親によって命を奪われた子どもが30人と約半数、次に父親によって命を奪われた子どもが約10人となっている。ほとんどが実の親に命を奪われていることになる。
ちなみに虐待の統計は厚生労働省のサイトなどで見ることができる。

平成25年度全国児童福祉主管課長・児童相談所長会議資料
オレンジリボン運動

4 激増する虐待事件

ちなみに平成24年度に児童相談所が対応した児童虐待事案はなんと66,807件。平成15年度には26,569件だったから、この10年で約2.5倍になっていることになる。
もちろん続発する虐待事件に対し世間の目が厳しくなったことや児童相談所が積極的に活動していることも影響しているのだろうが、やはりそれを考慮しても虐待事件が増加傾向にあることが感じられる。

5 生活保護の離婚した親には困難も

今回の大平容疑者は母親と離婚後4人の子どもを抱えて生活保護を受けていたという。
確かに4人もの小さな子どもを抱えて生活していくのは大変だろうが、結局は自分の責任でこういう状況になったのだ。ナマポなどといわれるが、元は国民の血税から出ているものだ。ひとり親になった途端生活保護に走るよりももっと他に道はあるだろうと思う。
生活保護と虐待死。根は深い。

横断歩道

1 松本で通り魔殺人事件?

平成25年9月6日、ツイッター上で「松本市で通り魔殺人事件発生」とのツイートが拡散。
長野県警松本警察署に問い合わせが相次いだ。
ところがこの情報、大間違いの情報で警察署でも困惑している。

2 「通り魔」誤情報の原因は?

事の発端は、9月6日の午後1時35分ごろに、松本駅近くの路上で女性が倒れているのが発見された。
この女性はすでに亡くなっていたが、路上で人が倒れていたとあって多くの警察官が現場に急行。
どうやらこの集まった警察官たちを見て、市民がツイートしたらしい。このツイートがあっという間に拡散。リツイートが相次ぎ、このリツイートなどを見た人が警察に問い合わせたとのことだ。

ちなみに自殺が起きたのはこの辺り。


大きな地図で見る

3 実は通り魔事件が起きていた

実は松本市の周辺で数カ月前に女子中学生が男に襲われるという通り魔事件が発生していた。
この事件などからまた同種の事件が起きたと勘違いした人達によるツイートが相次いだものと見られている。

4 誤ツイートのその後

その後、夕方のニュースでも通り魔事件については何も触れられなかったことからこの一連のツイートの真実性を怪しむ声が出始めた。そして実は飛び降り自殺を図ったものであって、通り魔事件ではなかったことが明らかになった。
最近はソーシャルメディアなどといわれてツイッターなどの重要性が増している。確かに速報性ではテレビ等より進んでいるともいわれるツイッター。震災の際などには大きな役割を果たしたことも事実だ。
しかしあくまで責任のない個人のつぶやき。
その真実性を見定める力も必要だということになる。

横断歩道

調布市の高校2年の男子生徒(17)が、自分が殴られた腹いせに暴力団に報復を依頼し、傷害事件に発展するという事件があった。

1 平成24年10月21日
東京都港区で、この男子高校生は交際相手の少女(17)とともに自転車を盗んだ。
盗みを発見した投資会社社長の男性(28)は、この男子高校生に謝罪をさせるも「謝罪が気に入らない」として殴ってしまう。
これが発端だった。

2 男子高校生の行動
その後男子高校生は、仕返しのために暴力団関係者に報復を頼むことになる。
高校生は知人の地下格闘技団体の少年を通じ、暴力団関係者に報復を依頼。
依頼を受け、報復に及んだのは計10人にも及ぶ。
千葉県松戸市の佐藤幸治(48)と横浜市鶴見区江ケ崎町、石郷裕太(22)の両容疑者ら、指定暴力団山口組系関係者5人と、17~19歳の少年5人だ。

3 平成24年10月23日夜
容疑者たちは、港区三田のコンビニエンスストアに男性社長を呼び出した。
そして男性社長(28)を集団で殴る蹴るなどし、頭や腰などに全治一ヶ月の重傷を負わせた。
事件を受け、警視庁の少年事件課では傷害容疑で上記10名を逮捕した。

4 些細なケンカになぜ暴力団が?
この事件をきっかけに
石郷容疑者らは男性社長から金銭を脅し取り、暴力団の資金源にしようとしていたようだ。
警視庁では石郷容疑者らが、愛知・名古屋市の山口組系暴力団の司興業と、組織的に犯行に及んだ疑いがあるとみて、組事務所を家宅捜索し、関連を調べているということだ。

なんとも恐ろしい事件だ。
地下格闘技団体、暴力団・・・およそ高校生とは縁のない単語が並ぶ。
高校生が暴力団関係者と接点を持つということだけでも恐ろしいのに、腹いせに報復を頼むとは・・・。

このページのトップヘ