刑事事件情報

刑事事件のニュース・ブログを紹介。 刑事事件での弁護士の活躍も紹介。

1 柏連続通り魔事件で逮捕か

柏市で、平成26年3月3日に起きた連続通り魔事件。
ここにきて被害者と同じマンションに住む男が警察に任意同行されたようだ。

2 柏連続通り魔事件

この事件は、3月3日午後11時40分ごろ、千葉県柏市あけぼので20から30歳と見られる男が通りかかった男性を刺し逃げていたもの。
他にもほぼ同じ時間帯に付近でナイフを持った男に車を奪われる事件など3件が連続して起きていたことから、千葉県警柏署が連続通り魔事件として捜査していた。

3 逮捕された男の詳細は

未だ逮捕された男の氏名などは明らかになっていない。
氏名や事件を起こした動機などが明らかに成り次第お伝えしたい。
しかし容疑者が逮捕されたことで市民も一安心というところだろうか。

1 松井容疑者逮捕の経緯

札幌で小3女児が行方不明になっていた事件。
不明となった1月27日午後から1週間が経過し、女児の安否が気遣われていた。
ところが事態は急展開を見せる。容疑者逮捕と女児無事保護のニュースが流れたのだ。
逮捕されたのは松井創(はじめ)容疑者26歳。逮捕のきっかけは市民からの通報だった。

2 「あるもの」を持った不審な男

発見のきっかけは、市民からの「少女マンガを持った不審な男が歩いている」との通報だった。
「少女マンガ」を26歳の男が持っていること自体は確かに変といえば変だが、警察に通報するぐらい不審だったのだから、一体どういう状態だったのだろうか?
少女を自宅において外を歩いていたのだから、どこか挙動不審だったのだろうか。
しかし少女マンガを持っていれば通報されてしまうのだから、少女マンガファンの男性諸氏はこれからは気をつけたほうがいいのかもしれない。

3 松井容疑者の自宅

松井容疑者の自宅は札幌市白石区東札幌3条4丁目。グーグルマップではこの場所。


大きな地図で見る

女児が発見された当時、女児は粘着テープで巻かれていたという。また泣いてもいたようだ。恐怖に耐えられなかったのだろう。まずは発見されて一安心というところだ。

4 松井容疑者は否認

一方、逮捕された松井容疑者は監禁容疑を否認しているという。ただ自分の住んでいるアパートの部屋で女児が見つかった以上、否認を続けることは困難だろう。
それにしても通報当時、松井容疑者はどういう様子だったのだろうか。

1 札幌で不明の女児、保護される

北海道警は平成26年2月2日午後10時30分ころ、行方不明になっていた小学3年生の女児(9)を無事に保護したと発表した。
この事件は、札幌市の自宅を平成26年1月27日の午後に出た女児がそのまま行方不明になっていたもの。
札幌ではこのところの雪が路傍に積もっており、どこかの雪が積もった隙間に落ちたのではないかなどして警察が行方を探していた。

2 26歳の容疑者が逮捕

この女児が見つかった現場で、札幌市白石区東札幌3条4丁目の無職、松井創容疑者(26)が監禁の疑いで逮捕された。まだ経緯は明らかになっていないものの、この男が1月27日ころよりこの女児を監禁していたようだ。
詳しい事情は捜査により明らかになるだろう。

3 女児行方不明相次ぐ

女児といえば、相模原で女児が行方不明になった事件も直近では起こっている。
どうしても男児ではなく女児が対象になる事件が多い。
女の子を持つ親もやはり気がかりだろう。

1 痛みのない注射に関する詐欺

埼玉県警は平成26年1月20日、詐欺容疑で川口修吾容疑者を逮捕した。
容疑は詐欺。川口容疑者らは最近話題になっている「痛くない注射針」に関して投資話しを高齢者らに持ちかけ、未公開株を購入させたとして逮捕されました。ニュース動画は下記リンクから。

ニュース動画

2 「痛くない注射針」とは?

痛くない注射針とは、アメリカのスリーエムや日本の日東電工などの医療機器メーカーが開発を進めているもの。非常に細い針を皮膚に貼る方式などによって痛みがほとんどないという。多数回にわたって注射をする必要がある患者では、注射を多数回することによって皮膚が硬くなるなどの副作用があり、また注射そのものの痛みにも耐えなければならない。また子どもなども注射が苦手な子どもは多い。

こういった「注射嫌い」の患者からすると、痛みのない注射針は夢の注射針である。今後の市場拡大も望めることから企業も開発を競ってきた。ある統計によると、2017年の注射針の市場は4兆3000億円にも上るという。

3 今回の詐欺は?

こういった有望な話しには詐欺話しもつきまとう。
今回逮捕された川口容疑者らは、2010年ごろに60代の高齢男性にこういった「痛みのない注射針」を開発したと称する未公開会社の株を売りつけていたという。被害額は全国で10億円にも上るとされ、多くの被害者が巻き込まれた可能性もある。

4 こういった詐欺に巻き込まれないためには

原則的に、未公開株を証券会社が電話でセールスすることはない。
例外的にグリーンシートというものに登録されたものだけについて勧誘が認められている。
グリーンシート銘柄は下記の日本証券業協会のホームページから確認できる。

グリーンシート銘柄

これ以外の未公開株の勧誘は禁止されているのだ。
そもそも未公開株というものはそれ自体がうさんくささをただよわせている。
大金をだまし取られる前にぜひ確認してほしい。




fire

1 米子の女性殺害事件、容疑者が出頭。

平成26年1月7日、鳥取県警は同市上福原に住む、無職泉修一容疑者(62)を殺人容疑で逮捕した。
泉容疑者は7日午前、大阪の摂津警察署に自ら事件の容疑者として出頭したもの。

2 女性殺害事件概要

この事件は、鳥取県米子市で起きた。
平成26年1月2日の未明に、同市美吉の長屋から出火。消防が駆けつけて消火したが、焼け跡から女性の遺体が見つかった。
警察がこの遺体を調べたところ窒息死であることが判明。また左右の肋骨が折れ、顔や腹に殴られたときにできる皮下出血の跡もあった。このため警察は殺人事件と断定し、容疑者の行方を追っていた。

3 事件の動機はストーカー事件?

実はこの殺害されたとみられる女性は、以前からストーカー被害を警察に訴え出ていたという。
女性は、米子署に「男につきまとわれ、困っている」などと数回にわたって相談していたらしい。
この女性には夫もいたが、介護施設に入居し、事件当時は女性1人がこの長屋で暮らしていたという。
また起きたストーカー事件。事件の全容解明が急がれる。

八丈島

1 女性刺殺容疑で23歳の岡逸人容疑者逮捕

平成25年11月28日、逃走中の男が八丈島で逮捕された。
逮捕されたのは23歳の岡逸人容疑者。
逮捕容疑は、前日の27日に千葉県市川市の路上で女性を刃物で刺したというもの。
刺された女性は、市川市の本八幡駅近くを歩いていたところ、背後から来た岡容疑者に刃物で腹部を刺された。
岡容疑者はそのまま本八幡駅方向に逃走、千葉県警が行方を捜していたという。

2 関係者が八丈島にいた?

この岡容疑者の親族が八丈島にいたことが判明したことから、警察では八丈島署に連絡。さらにヘリコプターでも捜査関係者を派遣したようだ。連絡を受けた八丈島署が東京から八丈島に到着したフェリーの船内を探したところ、岡容疑者を発見し逮捕したという。

3 二人の間には何が?

刺されて亡くなった女性は、以前から男性とのトラブルを警察に相談していたという。
どういった事情があったのだろうか?金銭や交際トラブルとの噂もあるが、未だ真相は明らかになっていない。
なお、岡容疑者は容疑を認めているという。

4 ストーカー殺人の刑は?

どういった事情かは明らかでないのではっきりしたことはいけないが、ストーカーによる殺人だとするとどういった刑が予想されるだろうか?
最近では、長崎県西海市でストーカーの末に2人を殺害した被告人に、今年6月に死刑判決が下されている。
また同じ今年の6月に、2人を殺害した被告人に、東京地裁で死刑判決が下されている。
以前は2人殺害でも死刑判決はそれほど下されていなかったが、最近では2人だと死刑判決が多くなっており、被害者が1人の場合でも無期懲役など重い刑となっている。
ただ、ストーカーは刑がどうのといったレベルで思いとどまるようなものでもなさそうだ。実効性のある対策も進められており、ストーカー被害の撲滅が進められている。

school

1 東京・大田区で女子中学1年生が誘拐

女子中学生が誘拐され、身代金を要求される事件が発生した。
平成25年11月7日、東京・大田区で道を尋ねられた女子中学1年生がそのまま車で連れ去られる事件が発生した。さらにはこの女子中学生の自宅に電話があり、犯人から身代金2000万円を要求されたという。

2 3人の男らが逮捕

この事件で、女子生徒を監禁した現行犯で埼玉県加須市、会社員羽田宏明容疑者(43)と沖縄県宜野湾市、無職宮城元貴容疑者(24)が11月6日の夜に逮捕された。さらに、もう1人逃走していた沖縄県沖縄市、無職田場龍之介容疑者(23)を身代金目的誘拐容疑で11月7日に逮捕したという。

3 身代金誘拐は重罪

もちろんだが、身代金目的での誘拐は重罪だ。
刑法第225条では、営利目的の誘拐罪は1年以上10年以下の懲役だ。
しかし身代金目的の誘拐罪については、その行為の悪質性から特に重く処罰されることになる。
刑法第225条の2では、身代金目的の誘拐罪について、特に2年以上の有期懲役としている。

4 身代金誘拐罪の歴史

このように身代金誘拐罪が特に重くなったのは、昭和38年(1963年)に起きた、吉展ちゃん誘拐殺人事件がきっかけとされている。


吉展ちゃん誘拐事件


この事件では、初期段階で誘拐された児童が殺害されていたことが後に判明し、世間に衝撃を与えた。
ただ、2年後には真犯人が逮捕され、一応の解決を見ている。
ちなみに、現在に至るまで誘拐犯が身代金を奪ったまま未解決の誘拐事件は日本ではないといわれている。誘拐して身代金を奪うことの分の悪さを十分理解する必要があるだろう。

年金

1 宮崎で遺体遺棄事件

宮崎で母親と娘が逮捕された。容疑は死体遺棄。
逮捕されたのは宮田幸子(78)と娘の和恵(45)両容疑者。
二人は、幸子容疑者の夫である宮田博さん(死亡当時86)の遺体を自宅に放置したなどとして逮捕された。いずれも容疑を認めているという。

2 年金の不正受給も

二人は、宮田博さんが亡くなった後も年金を受給していたとみられ、この点でも調べが進むことになる。
近年高齢者が行方不明になり、その年金をそのまま受給していたとみられるケースが増えている。
契機は、2010年に東京足立区で発覚した高齢者の白骨遺体発見事例だ。この男性は111歳になっていたというが、実際にはかなり前に亡くなっていた。親族が逮捕されて、懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決が下りている。このケースでも年金の不正受給が問題となった。

3 自殺を図る?

今回逮捕された二人は、逮捕される前に除草剤を飲んだとして入院しており、退院を待って逮捕されたようだ。
自殺を図るぐらいだから、おそらく不正受給の発覚を恐れたのだろう。
それにしてもこんなに不正受給が発覚するのだから、何らかの対策は講じられているのだろうか?
つい2日前にも同様のケースで年金の不正受給が発覚している。
年金を受給するには毎年本人確認を必要とするとか、それほど手間をかけずに防止する方法もあるだろう。
国民の血税、一円たりとも無駄にすることのないよう、防止策を講じてもらいたい。

1 セブン&アイで顧客情報流出か

セブン&アイで顧客情報が流出したとの情報が流れている。
問題のサイトはセブン&アイのネットショッピングサイト。サイトはこちら
平成25年10月23日、セブン&アイHDは、セブンネットショッピングが運営するネットショッピングサイトでクレジット番号約15万件が流出した可能性があると公表した。

2 問題発覚が6月?

問題の顧客情報流出は今年6月。流出の可能性が発覚してから、セブン&アイでは専門会社に調査を依頼して調べていたというが、少々公表が遅れてはいないだろうか?
今年の8月には巨大掲示板「2ちゃんねる」での個人情報流出が明らかになり大騒ぎになったが、今回公表された流出は6月に起きたとみられている。
通常流出が発覚した場合、顧客の個人情報を守るため早めの公表が必要となるが、今回は流出の可能性に気づいてから公表まで4ヶ月近くが経過していたことになる。

3 不正アクセスか

今回の流出は、第三者による不正アクセスによる可能性も指摘されている。
もし第三者によるものとすれば、不正アクセスを行った者はもちろん犯罪行為として罪に問われることになる。
不正アクセス防止法(正式名:不正アクセス行為の禁止等に関する法律)によれば、不正アクセスをした者は、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられることになる。(11条)

4 今回の実害は

セブン&アイによると、すでに7月26日にセキュリティ強化策を実行し、現在は不正アクセスができない状態だという。今のところ実害は報告されていないが、一旦ネット上などに情報が掲載されると取り返しのつかない事態となってしまう。今一度自身のカード履歴を調べる必要があるかもしれない。

spa

1 J2のフォワード、万引きで逮捕

サッカーのプロリーグJ2に所属する「ザスパクサツ群馬」の現役選手が、万引きで逮捕された。
逮捕されたのは後藤涼容疑者(27)。
後藤容疑者のwikiページはこちら

後藤容疑者は今年8月、高崎市の衣料品販売店で、男性用の中古のブーツ2足を万引きした容疑で逮捕された。このブーツ、中古にもかかわらずなんと15万円3000円もするという。一体どんなブーツなのだろうか。
この高額のブーツを盗まれた店が警察に被害届を提出。警察の捜査によって後藤容疑者に絞られた。後藤容疑者も容疑を認めているという。

2 ザスパクサツ群馬とは

このチーム、草津温泉が発祥の地だ。クラブチームでサッカーの練習をしつつ温泉街でも働くJリーガーとしてたびたびテレビなどでも報道されている。苦労人が集まったチームとのイメージもある。
ザスパクサツ群馬のwikiページはこちら

地元密着のチームであるが故に今回の事件の影響も少しはあるかもしれない。

3 後藤容疑者の今後は

今回逮捕されたのがブーツの万引きだけということになれば、示談ができれば罰金程度で済む可能性もある。
弁護士がつくだろうから、どういった示談交渉を行うのだろうか。
店側が応じるかどうかが問題だが、どういった経緯で万引きをしたかにもよるだろう。
サッカー選手はもちろんサッカーをするのが仕事だから万引きをしたかどうかは本来関係ないかもしれない。
しかし日本ではスポーツ選手に規律を求める傾向が強いことから、しばらくは後藤容疑者の苦境は続くかもしれない。
なお、この件に関しザスパクサツ群馬は処分を検討中とのことである。

このページのトップヘ